葛西の歯医者なら中葛西歯科 
医院名:中葛西歯科 
住所:〒134-0083 江戸川区中葛西5-13-5 1F・2F

保険と自費の入れ歯の違い

保険と自費の入れ歯の違い

保険と自費の入れ歯の違い「保険診療と自由診療の入れ歯の違いは何?」「材料費が高いから費用がかかるだけじゃないの?」このようにお考えの方も多いのではないでしょうか。
実は、保険診療と自由診療の入れ歯には、かなりの違いがあります。それぞれの特徴や、メリット・デメリットをご説明します。

入れ歯の使い心地の違い

保険診療の入れ歯

装着時の違和感 違和感がある
密着度 外れやすい
噛み合わせ 不具合が起こりやすい
部分入れ歯の見た目 金属のバネが目立つ
総入れ歯の見た目 素材が限定されるため少し不自然
発音 発音に支障が出ることがある
耐久性 経年により変形やガタつきが出やすく、定期的な調整が必要

自由診療の入れ歯

装着時の違和感 違和感がない
密着度 外れにくい
噛み合わせ ほぼ理想的な噛み合わせに出来る
部分入れ歯の見た目 金属の金具がない、あるいは目立たない
総入れ歯の見た目 歯や歯茎の色が自然
発音 発音に支障がない
耐久性 長く使用できる(個人差はあるが約10年程度)
※ノンクラスプデンチャー以外

保険診療の入れ歯は、プラスチックの素材で作製されるため、耐久性を上げるために厚みが出てしまい、そのためお口の中の違和感を感じやすくなります。作製方法が限られるため、お口にぴったりとフィットする入れ歯を作ることが難しく、自由診療の入れ歯と比べると密着度が劣ってしまいます。
自由診療の入れ歯は、個人トレーの使用やリハビリ用入れ歯の使用などによって、密着性と安定性を高めるための工程を増やして作製しています。より精密な型取りと、噛み合わせも考慮した作製方法で、食事や会話の際にも外れにくい入れ歯を作ることが出来ます。また、様々な素材の中から患者様のご希望に合わせたものを選択し、より見た目が自然な入れ歯を作製することが可能です。

入れ歯の作る工程の違い

入れ歯の作る工程の違い保険診療と自由診療の違いは、素材や治療法だとお考えの方が多いですが、一番の大きな違いは「治療の丁寧さ」です。
保険診療の場合、治療費が決まっているため、限られた時間と費用内での治療となってしまいます。
一方、自由診療の場合、患者様から多くの治療費をいただくため、十分な時間と素材を使用して、最大限の技術を発揮することが可能です。

保険診療
  • 限られた時間と費用内での治療になってしまう
  • 保険診療で十分な治療もある
自由診療
  • 十分な時間と素材を使用して、最大限の技術を発揮できる
一番上に戻る
入れ歯のご相談はこちらお問い合わせはこちら 03-3680-9111無料通話24時間WEB予約